仕訳

借方と貸方

借方と貸方

まず仕訳の1例をご覧ください。

Q、A会社はB会社に対して商品100円を現金で売った。

この場合は『商品を売り上げた』『現金が100円増えた』という二つの取引に分けられるため、簿記では以下のようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金 100 売上 100

この例は単純な例ですが、今回注目してほしいのは赤字で書かれている『借方と貸方』です。

簿記は取引を二つに分けて記入して、左と右に分ける必要があり、左を借方、右を貸方と呼びます。
借方と貸方は必ず金額が一致している必要があります。

勘定科目ごとに増えたか減ったかで借方と貸方どちらに取引を書くかが変わって来るため、以下の図は暗記するようにしましょう。

資産の増加 借方
資産の減少 貸方
負債の増加 貸方
負債の減少 借方
資本の増加 貸方
資本の減少 借方
収益の増加 貸方
収益の減少 借方
費用の増加 借方
費用の減少 貸方

単純な取引については、増えた方(生じた方)が借方、出ていく方が貸方と覚えておけば比較的イメージしやすくなります。

-仕訳

© 2024 簿記3級合格を目指すブログ Powered by AFFINGER5