簿記について

簿記とは?

簿記は会社を経営していく上で非常に重要な存在となります。

これから簿記を学習しようとする方はまず簿記の必要性を確認しましょう。

簿記とは?

どんな会社でも必ずお金の出し入れがあります。
会社では物の売り買いやお金の貸し借りなどの取引を記録しておかなければなりません。
この記録のことを帳簿と言います。
そしてこの帳『簿』に『記』入するから簿記と呼ばれています。
しかし、この帳簿に記入するためには幾つかルールがあります。
そのルールを勉強して一定の簿記の知識があることを認めて貰う検定を簿記検定と言います。

そして会社はこの簿記を基に、1年に1回会社の儲けや財産がいくらあったのかを明らかにしなければならないため、会社にとっては簿記が非常に大切となるのです。

簿記を作る目的

会社はこの日々のお金の動きを記した簿記を基に、1年に1回会社の儲けや財産状況などを明らかにする決算書を作らなければならないため、会社にとっては簿記が非常に大切となるのです。

決算者を基に会社は納税額を決定するため、正確な決算書を作成するためにも基となる簿記は非常に重要な存在となるのです。
また、決算書が適当であれば社会的な信用も得ることができなくなり、銀行からお金を借りることもできなくなります。
つまり簿記は決算書を作るうえで非常に重要な存在なのです。

さらに、会社の運営をしていくためには日々どのようにお金が動き、どんな風に利益をあげているかを数字として残すためにも重要になります。

簿記と決算書の関係

簿記を基に決算書を作成すると説明しましたが、実際にどのように作成していくのでしょうか。

まず簿記では、日々の取引を帳簿に記入する時に取引の内容に応じた勘定科目を使って振り分けますが、この勘定科目は『資産』『負債』『純資産』『収益』『費用』の5つのグループのいずれかに振り分けられます。

この5つのグループは、賃借対照表に『資産』『負債』『純資産』が分類され、損益計算書には『収益』、『費用』が分類されます。

ポイント

損益計算書と貸借対照表は簿記を勉強する上で非常に重要な存在となります。
二つの書類は勉強を始める前はイメージがつきにくいため

損益計算書→企業の儲けを知る書類
貸借対照表→企業の財産状況を知る書類

このようなイメージを持っておきましょう

 

-簿記について

© 2024 簿記3級合格を目指すブログ Powered by AFFINGER5