仕訳

仕訳とは?

仕訳とは?

簿記を行ううえで最も重要になってくるのが仕訳です。
仕訳とは簿記を付ける際に使う用語で、この仕訳を使って簿記に記録していきます。

例えば商品を100円で仕入れた際に、毎回取引の内容を日記のように文章で残していては非常に手間ですし、会社ごとに好き勝手記録されては書き方が書く人によって異なるため統一性も取れなくなってしまうため、仕訳というルールに従って帳簿に記入していきます。

仕訳の例

仕訳をする際は、1つの取引を2つの要因に分けて考える必要があります。

例えば、『商品を現金1万円で売った』取引は、簿記の場合『商品を1万円売り上げた』・『現金が1万円増えた』と、1つの取引を2つに分けるのです。
そして二つの分けた取引をそれぞれ勘定科目と言う取引ごとのジャンルに分類していきます。
上記の例でいうと以下のようになります。

『商品を売り上げた→勘定科目:売上』
『現金が1万円増えた→勘定科目:現金』

このように分類されます。
そして分類したものを簿記のルールに従って記入するとこのようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金 10,000 売上 10,000

これが簿記の基本になります。

勘定科目とは

上記でも説明した通り、簿記を行う上で重要となるのが勘定科目という概念になります。

勘定科目は大きく分けて『資産』『負債』『資本』『収益』『費用』の5つのグループに分けられ、さらに取引の内容に応じて細かく分類されます。

例えば、商品を売り上げた場合は勘定科目では『売上』に分類されるため、簿記にも売上と書きます。
このように『この取引は勘定科目では〇〇だ』と自分の中で分類できるようになる必要があります。

 

 

 

『旅費・交通費』や『通信費』という言葉はなんとなく聞いたことがあるという方も多いと思います。
例えば取引先に訪問するために電車に乗ったとします。
その際100円の切符を現金で購入した場合先ほどの例に当てはめると以下のようになります。

切符代 100 現金 100

これでも簿記のルールに当てはめれば切符代を現金100円で購入したことが分かると思います。
しかし、簿記の場合は『切符代』のように使った物の名前を書かず『旅費・交通費』のような大きなくくりとして記入します。

このような『旅費・交通費』のようなくくりを勘定科目と呼びます。

そのため正しい書き方は以下のようになります。

借方科目 金額 貸方科目 100
旅費・交通費 100 現金 100

 

-仕訳

© 2024 簿記3級合格を目指すブログ Powered by AFFINGER5